大阪府のリウマチ|大阪リハビリテーション病院


病院沿革

病院沿革

昭和51(1976)年
病院の建設を依頼する。
関西国際空港が泉南の海上に建設が決まったので発展が予想されると考え、
阪南地区に土地を物色した。

昭和52(1977)年
地鎮祭を行う。

昭和53(1978)年
7月、病院完成。 地元の人達の要望で、緑ヶ丘病院と命名。 7月10日開院。
主として内科系統の診察を行う。( 創設者 故井川豊 初代院長)
 

昭和55(1980)年
4月1日、大阪府より医療法人の許可を受ける。
昭和57(1982)年
隣地購入の要請を受けて、約300坪強を受得し新館を増設。

平成9(1997)年

                               


平成10(1998)年

理学療法士1名体制でリハビリテーションをはじめる。





3月新世紀を見越して新病院の建設を計画し、社員総会に理事会を開催し、
新病院の建設を決定。
社会福祉医療事業団に融資を打診し、了承を得る。
8月、理事会にて新病院の概要を説明。
10月、建設用地として、緑ヶ丘病院より西へ約400mの玉田山古墳の西側に、    10608.05m2の土地を購入。

平成11(1999)年
4月、新病院の名称を大阪リハビリテーション病院と決定し、内科及び外科系統及び総合リハビリテ-ション施設を含めて約6700m2の鉄筋コンクリートの建物を建設することとなった。
10月、文化財包蔵地の土木工事着工前の発掘調査を大阪府教育委員会が実施することに決定。
11月、大阪府より病院開設許可。

平成12(2000)年
3月、地鎮祭を行う。
医療法人 交詢医会の理事長に井川宣(現理事長)就任

平成13(2001)年
2月末、大阪リハビリテーション病院完成。
3月2日より、大阪リハビリテーション病院にて診察を開始す。
<診療科:内科、整形外科、外科、循環器科、神経内科、消化器科、呼吸器科、リウマチ科、眼科、リハビリテーション科(総合リハビリテーション)、放射線科>
平成14(2002)年
6月、回復期リハビリテーション病棟施設基準取得
平成15(2003)年
3月、特殊疾患療養病棟2施設基準取得
平成18(2006)年
4月、脳血管疾患等リハビリテーション科(1)、運動器リハビリテーション科(1)、
         呼吸器リハビリテーション科(1) 施設基準取得。

平成21(2009)年 11月、回復期リハビリテーション病棟入院料1、重症回復加算施設基準取得

平成21(2009)年 12月、一般病棟入院基本料(13対1)基準取得

平成22(2010)年 3月、亜急性期入院医療管理料1、診療録管理体制加算基準取得        

平成22(2010)年 4月、同法人において訪問看護ステーション「アシスト」開設

平成22(2010)年 5月、一般病棟入院基本料(10対1)基準取得
                              一般病棟看護必要度評価加算基準取得
                              医療用電子画像管理システム導入

平成22(2010)年 6月、休日リハビリテーション提供体制加算(回復期リハ)基準取得
                               リハビリテーション提供体制加算(亜急性期病棟)基準取得

平成22(2010)年 7月、後発医薬品使用体制加算基準取得

平成23(2011)年 5月、亀井一郎院長就任 脳神経外科標榜

平成23(2011)年 6月、電子カルテシステム導入 (富士通 HOPE EGMAIN-NX)

平成26(2014)年 関節置換術(THA・TKA)開始

平成27(2015)年 3月、西坂文章院長就任